朝シャキで朝起きれるようになって学校に遅刻・欠席せずに

朝シャキは、朝が辛くて起きれない人におすすめしたいです。

 

 

朝が以上に調子が悪く起きて行動できないだけでなく朝起きることすらできずに困っている方は、朝シャキを飲んで見てはいかがでしょうか。

 

L-テアニンが配合されている朝シャキがあれば朝の辛さが快調な朝に!

 

  • 学校を休まなくなった
  • 学校に遅刻しなくなった
  • 午前中の授業もばっちり聞ける
  • 幼少の頃のように朝がシャキっとしている

 

こんな自分を取り戻したい人は、朝シャキをおすすめします。

 

朝シャキ

 

Lテアニンとは?その効果は?

朝シャキに含まれるLテアニンとは何なのか、そしてそのLテアニンの効果についてご紹介していきたいと思います。

朝シャキ

朝シャキに含まれるLテアニンとは

テアニンはという成分は抹茶など高級なお茶に含まれるリラックス成分でアミノ酸の1種でうま味や甘味の元ともなる成分です。

 

テアニンはグルタミン酸エチルアミドと言ってお茶に含まれている遊離アミノ酸の約4割を占めている重要なアミノ酸でうま味成分としても知られているグルタミン酸と似ている科学構造で植物の中でも茶葉・椿・サザンカなどの一部の植物にしか存在しない物質なのです。

 

日本では1964年にLテアニンとして食品添加物に指定されました。

 

朝シャキに含まれるLテアニンその効果

そんなLテアニンの持つ効果をご紹介します。

 

興奮を抑える

Lテアニンには脳などに働きかけ興奮作用を収縮させる効果があることが明らかになっています。

 

集中力・学習能力・記憶力の向上

Lテアニンには脳内の神経伝達物であるドーパミンやセロトニンの濃度を変化させることで集中力に記憶力や学習能力が高まるともラットを使ったヒ素研究で明らかになっています。

 

リラックス効果

Lテアニンには人間が摂取した際の脳波の変化を検証したところリラックス時に出現する波動が見られLテアニンの濃度が高いほどリラックス効果が比例して高くなる事が確認されています。

 

睡眠改善効果

Lテアニンには脳の興奮を抑える事で快適な睡眠が得られるという効果があります。

 

その他にもイライラ・疲れ・むくみ・動悸などに効果がある結果が出ています。

 

朝シャキ

 

 

子供が朝起きない・調子悪いのは起立性調節障害を疑え

子供が朝起きないのは、ただ単にだらしがないといったことや面倒くさがりだからというようなこともあるでしょう。

 

ですが子供が朝起きないのはそういったことではなく、障害である場合もあります。朝ご飯すら食べようとしなかったり、無気力であったり、病気でもないのに何かおかしい様子が見られるような時は、精神的な問題や障害なども疑ってみましょう。

 

子供の調子悪いのは不眠が原因であることもあるので、ゲームなどで夜更かししていることが疑われる時はそれを改善させることも大事ですが、規則正しい生活をしているにもかかわらず朝起きない時は起立性調節障害を調べてみましょう。

 

こうした子供の障害というのは内面的なものなので、外見的にはなんら変わりないこともあるので、日ごろの行動などを注意深く観察するということも大切です。また、自分で勝手に大丈夫だと思わず、気になった時は専門医の診察を受けるようにもすると良いです。専門医の診察であればこの先どのように改善していけば良いのか、ということも知ることができるので良いでしょう。

 

そのままにしておいたり、ただ単にだらしがない子なのだと親が責めたりしてしまうとその子を傷つけてしまうことにもなるので注意が必要です。

 

障害の場合は周囲に理解されないことで本人がさらにつらい思いをしてしまうこともあるので、正しい改善方法というのを親自身が知ってあげて、うまく対処していくようにすると良いでしょう。

子供が起立性調節障害で不登校になる

起立性調節障害とは、自律神経失調症の一種で、小学校高学年から中学生といった年代の子供が多く発症する病気です。特に中学生の発症率は5〜10%との統計があり、男女別では女子に多くなっています。
おもな症状は、朝起きれないこと、めまい、立ちくらみなどです。名前のごとく立っていると気分が悪くなるというのも特徴です。頭痛や動悸、息切れなどの症状が出る場合もあります。

 

また、朝起きれない分、午前中は調子が悪く午後になって調子が出てくるので、夜は寝つけず結果的に睡眠障害を引き起こしてしまいます。精神的にイライラしたり、集中力が下がったりもします。

 

そのため、引きこもりになったり不登校になったりするケースも出てきます。
このような病気についての理解がないと、単にさぼっているように思われてしまうため、本人もつらい思いをすることになってしまいます。

 

思春期の発症率が非常に高い疾患であるために、このような症状が出た場合には、さぼっていると決めつけずにこの起立性調節障害を疑ってみることが必要になってきます。

 

この起立性調節障害は1960年頃から小児科医によって注目されてきましたが、なかなか測定の基準が難しく、実際に異常が出ているのに問題がないと診断されてしまうケースもありました。

 

しかし医学もどんどん進歩し、1990年代以降ではめまいや立ちくらみなどの症状が出ているときの身体の状態を客観的に検査することができるようになり、より正確に診断ができるようになりました。